CBDリキッドって翌日にだるさを感じたりする?

CBDリキッドで翌日にだるくなる?むしろ頭がスッキリ!

CBDオイルには、様々な効果が期待できますが、その中のひとつが睡眠の質を高める効果です。

不眠症や睡眠障害を改善する効果が期待できるとされていますが、睡眠をサポートしてくれる反面、日中にだるさや眠気を感じるのではないかと疑問に思う方も多いのではないでしょうか。

不眠症などの治療に用いられる睡眠導入剤(睡眠薬)の場合、持ち越し効果と呼ばれる副作用があり、睡眠導入剤の効果が翌日まで残ってしまい日中にだるさや眠気などを感じることがあります。

そのため、同じようなことがCBDオイルにも起こるのではないかと心配されるかもしれませんが、基本的にそのような心配は不要です。

睡眠導入剤は、脳機能を低下させたり、睡眠に関係する脳内ホルモンの分泌を促したりすることで催眠効果が発揮させるため、日中まで効果が残ってしまうことがあります。

特に、作用時間が長い睡眠導入剤を使用すると、持ち越し効果が生じやすくなるとされています。

一方で、CBDオイルの場合は、リラックス状態を促したり、不安や痛みを和らげたりすることで自然な睡眠をもたらすため、翌日まで催眠効果が残ることで日中にだるい、眠いといった症状が現れることはなく、むしろ頭がスッキリして集中力がアップするという効果が認められています。

そのため、日中の仕事や勉学などに影響が及ぶのではないかと心配する必要はなく、安心して使用することが可能です。

CBDオイルで副作用が出た時の対策・横になっていれば大丈夫

CBDオイルには、睡眠の質を高める効果以外にも、ストレス緩和・痛みや炎症の緩和・疲労回復など様々な効果が認められています。

また、依存性や中毒性もないため安心して使用できますが、副作用が全くないわけではありません。

例えば、口の渇き・立ちくらみ・低血圧・頭痛といった副作用が現れる可能性があります。

ただし、これらの副作用は軽度なものばかりで、何らかの不調を感じたとしても基本的には横になって少しの間休んでいれば自然と治まることがほとんどです。

そのため、過度な心配は不要で、意識的に大量摂取しない限りは健康に害が及ぶことはありません。

なお、CBDオイルは日中に頭がスッキリする効果があると上記しましたが、摂取後に眠気を感じることもあります。

一見すると相反する副作用となりますが、もしも摂取後に眠気を感じた場合は摂取時間や摂取量を調整しましょう。

例えば、起床直後と就寝前に摂取するといったように、毎日決まったタイミングで摂取することで、日中は頭がスッキリして夜はしっかり休息するというサイクルを作り出すことが可能です。

また、高用量の商品はリラックス効果が強く現れるとされているため、日中よりも夜の摂取量を増やすことでサイクルを作り出しやすくなると考えられます。

ただし、CBDオイルの効果や副作用の現れ方には個人差があるため、試行錯誤しながら自分に合った摂取時間や摂取量を見つけることが大切です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です